皆さんこんにちは!
受付スタッフの太田です^_^

今日は9月からはじまりましたキャンペーンのお知らせをさせていただきます!

クリンプロの歯磨きペーストの

シトラスミント味

ソフトミント味

が入荷しました(^^)

この歯磨き粉が本当にすごいです!!

クリンプロの歯磨き粉には、

カルシウム

リン酸

フッ素

が含まれています。
カルシウムとリン酸は唾液に含まれ、

歯を構成している成分で、

歯の再石灰化を行う成分です。

これにフッ素が加わると、歯がより強く、酸に溶けにくくなります。
この、カルシウム、リン酸、フッ素の同時配合に成功したのはクリンプロが歯科業界では

はじめてです⭐︎⭐︎

低発泡で泡立ちが少なく、フッ素濃度も日本で認められてる基準では、一番高い濃度の1450ppmになっています。

そして今回、

わかりやすく

歯の再石灰化の仕組みをつくってみました!!

虫歯になりかけている歯です。

クリンプロを使って歯ブラシをすると〜


歯の再石灰化が行われ〜

ピカピカの歯になります!

是非歯ブラシを上に動かして、

歯の再石灰化の仕組みを体験してみてください!

(ここだけの話、、、

ほんとーにみんなで頑張って作ったので動かすだけでもいいから動かして欲しい( ゚ё゚))

唾液の少ないドライマウスの方

矯正中の方、メンテナンスをしている方

虫歯治療経験が多い方

におすすめです⭐︎⭐︎

サンプルも少しですが、ご用意しているので、お気軽にスタッフまでお声かけください♪

皆さんこんにちは!衛生士の南雲です^ – ^

今回は当院で取り扱いしているEMS社のエアフローについてご紹介します!!
エアフローって何?と思われる方も多いと思いますが、簡単にご説明すると…
⭐︎歯科予防先進国スイス発の最先端の歯のクリーニングです⭐︎

歯の表面に水と専用パウダーを吹き付けて歯垢や汚れはもちろん、コーヒーやお茶・喫煙などで付いてくる着色汚れまで綺麗にお掃除できます!!!

更に専用パウダーの主成分エリスリトールは虫歯菌や歯周病菌の元になるバイオフィルムの形成を阻害する働きがあります…!

更に更に歯にはノータッチなので歯の表面を傷付ける心配はありません…!!

こちらが実際に当院で患者様に施術を受けて頂いた写真です↓
Before

着色汚れが歯の面にびっしりついています。

エアフローを当てると…↓

After

一度の施術でこんな感じにツルツルピッカピカになります!!
※患者様にHPへの写真掲載の許可は頂いております^_^
ホームケアだけでは磨ききれない細かい隙間の汚れや歯肉ポケット内の汚れまでしっかりお掃除できるので、定期的なプロフェッショナルケアにはもってこいです!!また、インプラント治療をされた方や矯正治療中の方にもおすすめです⭐︎

ちなみに、
予防先進国スウェーデンを始めとするヨーロッパでは

メンテナンス=エアフロー

らしいです。
スウェーデン…前回のブログにもありましたが予防への意識や本気度が違います。(笑)

最先端のクリーニング…すごく良いですよね??
長々とお話しましたが試してみるのが一番手っ取り早いです(笑)
ですがこのエアフロー、全ての歯科医院にあるわけではありません!!!!!

ご興味のある方や体験してみたい方はスタッフまでお問い合わせ下さい(^O^)!

こんにちわw  院長です。

今日は食べ物のお話ではありません!

残念ながら真面目なお話ですが、さら〜っと読んでください^^

先日、歯科専門誌ですごく良い内容を見つけたので共有しますね!

まずフッ化物には

①歯のエナメル質を構成するハイドロキシアパタイトの結晶性の改善

②フルオロアパタイトの生成

③再石灰化の促進

④細菌・酵素作用の抑制

という4つの働きがあります。

シンプルにゆうと虫歯になりにくい丈夫な歯になるんです!w

もうほとんどの方が毎日お使いのフッ化物入り歯磨き粉について大事なポイントを

簡単にお伝えします!

①フッ化物濃度は500ppm高くなるごとにう蝕予防効果が6%UPします。

日本では2017年3月に上限が1500ppmまで認められました!

(ちなみに予防先進国スウェーデンの薬局では5000ppmの歯磨き粉が買えるとかw)

日本推奨使用量を画像と共にまとめました!!

歯の萌出直後~2歳 500ppmで使用量は切った爪程度   チョンですね^^

3~5歳      500ppmで使用量は5mm程度     チョコンとw

6歳~14歳    1000ppmで使用量は1㎝程度     半分くらいw

15歳以上      1500ppmで使用量は2㎝程度     気持ち多いかなくらいw

↑ボクはもうちょい多めに使ってますね^^

でこれが盛りに集中してるナグです笑

次のポイントは

②歯磨剤の使用量が多いほど唾液中にフッ化物が残りやすい

(ちなみにまたまたスウェーデンでは6歳未満は1000ppm, 6歳以上は1500ppmを推奨していますw)

*日本もいずれそうなるんでしょうかね?w

15歳以上は2㎝のフッ化物配合歯磨剤をたっぷり使うのが大切なポイントです!

2分間ブラッシングすると口腔内のフッ化物の量が増加する

ブラッシング時間が長くなると歯ブラシに残っている歯磨剤が徐々に減少し、口腔内に供給される量が増加することが確認されています。

④ブラッシングの後は、少量の水で軽めにすすぐとフッ化物が残りやすい

沢山うがいをするとせっかく供給したフッ化物が流れていきますので、軽めにゆすぐのがポイントです。

また唾液が出にくい就寝前の歯ブラシが一番大切です。

寝る前に使ったフッ化物を口の中に留めておける絶好の時間になりますね!

毎食後の歯ブラシがベストですが、

就寝直前と他にもう1回(多くは朝食後)の歯ブラシが推奨されています。

近年推奨されているトゥースペーストテクニックをご紹介してまとめにさせていただきます。

『2+2+2+2テクニック』

これは

歯ブラシ1日回数    2回

フッ化物配合歯磨剤の量 2㎝

ブラッシング時間    2分間

ブラッシング後     2時間飲食しない

です!!

今日から是非

『2+2+2+2テクニック』を早速実践してみてください!

すぐに口腔内の変化に気づくと思います!

是非お試しくださいませ!!

あっちなみに歯磨き粉に含まれるフッ化物の量はこんな感じで書いてあります!

分からなければドシドシスタッフや僕に聞いてきて下さいね!

よろしくお願いします!

ではでは。

  • みなさんこんにちは!
    劇団岡野の劇団員、笹村です^^

毎年恒例の歯科検診に行ってまいりました!

今年は演劇の内容も少し変えて披露させていただいたのですが、
なんと!サプライズであの方にお越しいただきました!(笑)

みんな大好き炭治郎!!
子供たちも炭治郎の登場で大盛り上がりでした^^♪喜んでもらえてよかったです!

本命の歯科検診の様子はこちら♪

お名前を自分でしっかり言えたり、
お口を大きく開けて見せてくれたり、
毎年思うのですが、みんな本当に上手でした^^♪
先生方にもたくさんサポートしていただきました!
ありがとうございました!

来年は更に演劇をアップデートする予定ですので、楽しみにしていてください!!

(来年はどんなゲストが来てくれるのかな〜♪笑)